So-net無料ブログ作成

GNOME 3 (flashback mode)からMATEへの移行 (Debian 10) [Debian]

Debian 10 (buster) において、デスクトップ環境の変更を行った。
GNOME 3 (flashback mode) から MATE への移行である。
実施手順は、以下の通りである。
尚、移行後の使用感としては、想定していた以上に良かった。

[パッケージ]
gnome-flashback 3.30.0-3
mate-desktop 1.20.4-2

1. GNOME パッケージのアンインストール
# apt-get purge gnome-*
# apt-get autoremove

2. MATE パッケージのインストール


(1) 最小限のパッケージのインストール

# apt-get install mate-desktop-environment-core


(2) 追加パッケージのインストール


(a) システムモニタ、ゴミ箱のパネルへの追加のためのパッケージ

# apt-get install mate-applets


(b) MATE のメニュー編集用ツール

# apt-get install mozo


(c) スクリーンショットの取得(mate-screenshot) のためのパッケージ

# apt-get install mate-utils


・個別のパッケージになっておらず、mate-utils パッケージに含まれる。
・インストールされる依存パッケージは、下記の通りである。
 libmatedict6
 mate-utils-common


(3) 不要なパッケージのアンインストール


必要とする機能により異なる。
また、必要なパッケージをアンインストールしないように要注意。

(実行例)
# dpkg --purge gnome-user-guide
# dpkg --purge mate-user-guide
# apt-get autoremove


(補足)
下記のコマンドにより、アンインストールできるパッケージの候補を取得できる。

# dpkg -l | awk '/^rc/ { print $2 }'
# dpkg -l | grep -i gnome | awk '{print $1, $2, $3}'

3. 不要なファイルの削除
# apt-get clean
# apt-get autoclean


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

Debian 9からDebian 10へのアップデート後の問題点への対応(2) [Debian]

Debian 10 へのアップデート後に発生した問題点への追加対応を行った。
これで、どうにか Debian 9 に近い状態になったと思われる。

尚、以前に行った対応は、下記 URL に記載の通りである。
https://dan-project.blog.ss-blog.jp/2019-10-21

1. [PulseAudio が正常に起動されない] ことへの対応


【発生事象】
・YouTube の音声が出力されない。
・radiko の再生に失敗する。
・X の起動時に 'pulseaudio --start' で PulseAudio を起動するように設定している。

[エラーメッセージ]
pulseaudio[1938]: bind(): アドレスは既に使用中です
pulseaudio[1938]: Failed to load module "module-native-protocol-unix" \
(argument: ""): initialization failed.
systemd[1782]: Starting Sound Service...
pulseaudio[1945]: E: [pulseaudio] pid.c: Daemon already running.
pulseaudio[1945]: E: [pulseaudio] main.c: pa_pid_file_create() failed.
systemd[1782]: pulseaudio.service: Main process exited, code=exited, \
status=1/FAILURE
systemd[1782]: pulseaudio.service: Failed with result 'exit-code'.
systemd[1782]: Failed to start Sound Service.


・原因
 systemd から起動される pulseaudio.service がエラーを発生している。
 (/usr/lib/systemd/user/pulseaudio.service が使用される。)
 また、この状態で 'pulseaudio --start' を実行してもエラーとなる。

【パッケージ】
pulseaudio 12.2-4+deb10u1
pulseaudio-utils 12.2-4+deb10u1
systemd 241-7~deb10u1
systemd-sysv 241-7~deb10u1

【対応】
下記のいずれかの手順を実施する。

(1) 全ユーザー共通の設定を行う場合


下記の手順で、/etc/systemd/user/pulseaudio.{service,socket} を作成する。

# cd /etc/systemd/user
# ln -s /dev/null pulseaudio.service
# ln -s /dev/null pulseaudio.socket


(2) ユーザー毎に設定を行う場合


下記の手順で、~/.config/systemd/user/pulseaudio.{service,socket} を作成する。

% systemctl --user mask pulseaudio.service
% systemctl --user mask pulseaudio.socket


/dev/null へのシンポリック・リンクとして作成される。
これにより、systemd から PulseAudio が起動されないようになる。


2. [MATE 上での pinentry の起動が遅い] ことへの対応


【発生事象】
・pinentry の起動時に 10 秒位待ちが発生する。
 (GPG で暗号化されたファイルを Emacs で開く時に発生する。)
・FVWM 上では発生しない。
・多分、GNOME 上でも発生すると思われる。
・gpg-agent がエラーを発生している。

[エラーメッセージ]
dbus-daemon[4071]: [session uid=1000 pid=4069] \
Activating service name='org.freedesktop.secrets' requested by ':1.28' \
(uid=1000 pid=4344 comm="pinentry --display :0 ")
gnome-keyring-d[2028]: The Secret Service was already initialized
org.freedesktop.secrets[4071]: SSH_AUTH_SOCK=/run/user/1000/keyring/ssh
gpg-agent[2021]: Failed to lookup password for key \
u/SC9C4F0F3E63EB945 with secret service: Error calling StartServiceByName \
for org.freedesktop.secrets: Timeout was reached


【パッケージ】
pinentry-gtk2 1.1.0-2
gpg-agent 2.2.12-1+deb10u1
mate-desktop 1.20.4-2

【対応】
下記のいずれかの手順を実施する。

(1) 全ユーザー共通の設定を行う場合


下記の手順で、/etc/systemd/user/gpg-agent.service を作成する。

# cd /etc/systemd/user
# ln -s /dev/null gpg-agent.service


(2) ユーザー毎に設定を行う場合


下記の手順で、~/.config/systemd/user/gpg-agent.service を作成する。

% systemctl --user mask gpg-agent.service


/dev/null へのシンポリック・リンクとして作成される。
これにより、systemd から gpg-agent が起動されないようになる。


3. [古いバージョンの Firefox で radiko を再生できない] ことへの対応


【発生事象】
・Firefox 52.9.0 ESR で 発生する。
・Firefox Quantum 68.2.0 ESR では発生しない。

[エラーメッセージ]
libavcodec に脆弱性があるかサポートされていません。
動画を再生するには libavcodec を更新してください。


【パッケージ】
Firefox 52.9.0 ESR
libavcodec53:i386 6:0.8.17-1
libavcodec58:i386 7:4.1.4-1~deb10u1

【対応】
取り敢えず、いずれかの手順で media.libavcodec.allow-obsolete の設定値を変更する。

(1) <firefox-profile_dir>/user.js を編集する場合


下記の設定を追加する。

user_pref("media.libavcodec.allow-obsolete", true);


(2) about:config にアクセスする場合


・media.libavcodec.allow-obsolete を検索する。
・media.libavcodec.allow-obsolete の設定値を変更する。
 false(初期値) から true に変更する。


4. [SSL でのメール受信ができない] ことへの対応


【発生事象】

[エラーメッセージ]
OpenSSL reported: error:141A318A:SSL routines:tls_process_ske_dhe:dh key too small
SSL connection failed.


【パッケージ】
openssl 1.1.1d-0+deb10u2

【対応】
/etc/ssl/openssl.cnf を編集し、セキュリティ・レベル(SECLEVEL)を変更する。

# cd /etc/ssl
# diff openssl.cnf openssl.cnf.org
362c362
< CipherString = DEFAULT@SECLEVEL=1
---
> CipherString = DEFAULT@SECLEVEL=2


(補足)
・必要なら、MinProtocol の設定も変更する(SSL でのメール送信の失敗への対応)。
 (MinProtocol = TLSv1)
・OpenSSL のセキュリティ・レベル(SECLEVEL)の説明
 https://www.openssl.org/docs/man1.1.1/man3/SSL_CTX_set_security_level.html


5. [stunnel4 の自動起動に失敗する] ことへの対応


【発生事象】

[エラーメッセージ] - /var/log/syslog
stunnel4[699]: [!] error queue: 140DC002: \
error:140DC002:SSL routines:use_certificate_chain_file:system lib
stunnel4[699]: [!] error queue: 20074002: \
error:20074002:BIO routines:file_ctrl:system lib
stunnel4[699]: [!] SSL_CTX_use_certificate_chain_file: \
2001002: error:02001002:system library:fopen:No such file or directory
stunnel4[699]: [!] Service [pop3s]: Failed to initialize TLS context
stunnel4[699]: [ ] Deallocating section defaults
stunnel4[699]: failed
stunnel4[699]: You should check that you have specified \
the pid= in you configuration file
systemd[1]: stunnel4.service: Control process exited, \
code=exited, status=1/FAILURE
systemd[1]: stunnel4.service: Failed with result \
'exit-code'.
systemd[1]: Failed to start LSB: Start or stop \
stunnel 4.x (TLS tunnel for network daemons).


・原因
 /etc/default/stunnel4 の設定で自動起動を無効化できなくなった。
 ・'ENABLED=0' (←自動起動しない)の設定がない。
 ・'ENABLED=0' の設定を追加しても効果がない。
 このため、stunnel4 が自動起動され、起動の過程でエラーが発生している。

【パッケージ】
stunnel4 3:5.50-3

【対応】
stunnel4 の自動起動を無効化する。

# systemctl disable stunnel4
または
# systemctl mask stunnel4


(補足)
Mew の SSL でのメール送信で使用しており、特に問題なく送信できる。
(必要な時に stunnel4 コマンドが実行される。)
よって、自動起動を無効化のみで、これ以上の対応は行わない。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

Debian 9からDebian 10へのアップデート後の問題点への対応 [Debian]

Debian 9.11 (stretch) から Debian 10.1 (buster) へのアップデートを行った。
以下は、アップデート後に発生した問題点と対応方法をまとめたものである。

[一般的なアップデート方法]
・使用中のリポジトリでの最新パッケージへの更新
・参照するリポジトリの変更 (/etc/apt/sources.list の編集、apt-get update の実行)
・最小アップグレード (apt-get upgrade の実行)
・完全アップグレード (apt-get dist-upgrade の実行)
・/etc 以下の *-dist への対応 (削除 or 適用)

1. [Emacs 26.1 の起動時に scratch バッファが表示される] ことへの対応


【発生事象】
・~/.emacs で (shell) を実行しているが、scratch バッファも表示される。
・initial-buffer-choice の設定値は nil である。
・余分なバッファが表示されるだけで、その他の動作上の問題はない。
・Emacs のバグの可能性あり(scratch バッファーが無条件に表示されてしまう)。

【パッケージ】
emacs24 1:26.1+1-3.2+deb10u1

【対応】
取り敢えず、~/.emacs の (shell) の後に下記の設定を追加する。

(when (>= emacs-major-version 26)
  ;; disable to display scratch buffer at startup (Emacs-26 or later)
  (delete-windows-on "*scratch*" nil))

2. ['lsb_release -rs' で 10.1 ではなく 10 と表示される] ことへの対応


【発生事象】

% lsb_release -rs
10
% cat /etc/debian_version
10.1


【パッケージ】
lsb-release 10.2019051400

【対応】
現時点では不明である。


3. [SSL でのメール受信ができない] ことへの対応


【発生事象】

[エラーメッセージ]
OpenSSL reported: error:141A318A:SSL routines:tls_process_ske_dhe:dh key too small
SSL connection failed.


・原因
 OpenSSL 1.1.1 において、SECLEVEL のデフォルト値が変更されたため。
 (デフォルト値: SECLEVEL 2)
 尚、これにより、DH 鍵の最小サイズが 1024 から 2048 bit に変更された。

【パッケージ】
openssl 1.1.1d-0+deb10u2

【対応】
下記のパッケージにバージョンダウンする。
・openssl 1.1.0k-1~deb9u1
・stunnel4 3:5.39-2
 stunnel4 はそのままでも SSL でのメール受信が可能である。
 stunnel4.service の起動エラーが発生するため、念のためバージョンダウンする。
・ca-certificates 20161130+nmu1+deb9u1
 openssl 1.1.0k-1~deb9u1 の依存パッケージ
 ('apt-get -Vs upgrade' でエラーが発生)


4. [Mew 6.8 で draft メッセージが作成できない] ことへの対応


【発生事象】

[エラーメッセージ]
Symbol's value as variable is viod: default-buffer-file-coding-system


・原因
 Emacs 26.1 では、default-buffer-file-coding-system が削除されているため。

【パッケージ】
emacs24 1:26.1+1-3.2+deb10u1
mew 1:6.8-4
mew-bin 1:6.8-4

【対応】
~/.emacs 等で default-buffer-file-coding-system に想定する値を設定する。

(例)
(when (>= emacs-major-version 26)
  ;; enable to send mail with Mew 6.8
  (setq default-buffer-file-coding-system 'sjis-unix))

5. [Emacs 26.1 で句読点を入力できない] ことへの対応


【発生事象】
・'、' への変換で、\343\200\201 と表示される。
・'。' への変換で、\343\200\202 と表示される。
・vim では、この問題は発生しない。
・Anthy の問題の可能性が高い。
 (バージョンダウンしたいが、依存パッケージが多い。)

【パッケージ】
emacs24 1:26.1+1-3.2+deb10u1
anthy 1:0.3-8.1
anthy-common 1:0.3-8.1
anthy-el 1:0.3-8.1
libanthy1:i386 1:0.3-8.1
libanthyinput0:i386 1:0.3-8.1
uim-anthy 1:1.8.8-4

【対応】
取り敢えず、~/.emacs の Anthy の設定に下記のような設定を追加する。
(正常に入力できる他のシステム上、または本システム上の vim で作成する。)

(let ((anthy-version
       (shell-command-to-string
        "dpkg-query -W anthy-el 2>/dev/null | awk '{printf $2}'")))
  (cond
   ;; patch for anthy-el 1:0.3-8.1
   ((string= anthy-version "1:0.3-8.1")
    (anthy-change-hiragana-map "," "、")
    (anthy-change-hiragana-map "." "。")
    (anthy-change-hiragana-map "-" "ー")

    (anthy-change-hiragana-map "!" "!")
    (anthy-change-hiragana-map "\"" "\"")
    (anthy-change-hiragana-map "#" "#")
    (anthy-change-hiragana-map "$" "$")
    (anthy-change-hiragana-map "%" "%")
    (anthy-change-hiragana-map "&" "&")
    (anthy-change-hiragana-map "'" "'")
    (anthy-change-hiragana-map "(" "(")
    (anthy-change-hiragana-map ")" ")")
    (anthy-change-hiragana-map "=" "=")
    (anthy-change-hiragana-map "~" "~")
    (anthy-change-hiragana-map "|" "|")

    (anthy-change-hiragana-map "1" "1")
    (anthy-change-hiragana-map "2" "2")
    (anthy-change-hiragana-map "3" "3")
    (anthy-change-hiragana-map "4" "4")
    (anthy-change-hiragana-map "5" "5")
    (anthy-change-hiragana-map "6" "6")
    (anthy-change-hiragana-map "7" "7")
    (anthy-change-hiragana-map "8" "8")
    (anthy-change-hiragana-map "9" "9")
    (anthy-change-hiragana-map "0" "0")
    (anthy-change-hiragana-map "^" "^")
    (anthy-change-hiragana-map "\\" "\\")

    (anthy-change-hiragana-map "`" "`")
    (anthy-change-hiragana-map "{" "{")
    (anthy-change-hiragana-map "}" "}")
    (anthy-change-hiragana-map "[" "[")
    (anthy-change-hiragana-map "]" "]")
    (anthy-change-hiragana-map "+" "+")
    (anthy-change-hiragana-map "*" "*")
    (anthy-change-hiragana-map "<" ">")
    (anthy-change-hiragana-map ">" ">")
    (anthy-change-hiragana-map "?" "?")
    (anthy-change-hiragana-map "_" "_")
    (anthy-change-hiragana-map ";" ";")
    (anthy-change-hiragana-map ":" ":")
    (anthy-change-hiragana-map "/" "/"))))


同様の問題の発生に関する情報
cf. https://tsaitoh.net/wp/2018/05/10/emacs-anthy-mozc/


6. 備考


(1) リリースから 2ヶ月程度経過するが、もう少し待った方がよいかも知れない。

(2) パッケージ数の増加により、ディスク使用量がかなり増加する。


パッケージ数が 1546 から 1686 に増加する。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

apt-get/dpkg-queryコマンドで警告メッセージが表示される [Debian]

[ソフトウェアのバージョン]
・apt_1.4.9
・apt-utils_1.4.9
・libapt-inst2.0:i386_1.4.9
・libapt-pkg5.0:i386_1.4.9

1. 発生事象


Debian 9.7 の apt-get/dpkg-query コマンドで警告メッセージが表示される。

# dpkg-query --show  | sort | sed 's/\t/_/' > /var/log/pkg_list
dpkg-query: warning: parsing file '/var/lib/dpkg/status' near line 16389 \
package 'gnome-control-center':
'Depends' field, reference to 'libgnome-desktop-3-12': error in version: \
invalid character in version number


・'dpkg-query --show' をインストール済パッケージの一覧作成で使用している。
・'apt-get -Vs upgrade' を更新パッケージの有無の確認で使用している。
・エラーではないため、コマンドの実行結果は問題なく得られる。
・apt 1.4.8 (Debian 9.6 のパッケージ) では発生しない。
 apt_1.4.8
 apt-utils_1.4.8
 libapt-inst2.0:i386_1.4.8
 libapt-pkg5.0:i386_1.4.8


2. 対処方法


該当するパッケージを再インストールし、/var/lib/dpkg/status を更新する。
手順は、下記の通りである。

(1) 再インストールするパッケージの限定


/var/lib/dpkg/status の line 16389 を含むパッケージ名を取得する。
=> パッケージ名: gnome-control-center


(2) 当該パッケージの再インストール

# apt-get --reinstall install gnome-control-center


・/var/lib/dpkg/status が更新される。



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

Postfixのinet_interfacesの設定に関するエラーが発生する [Debian]

1. 発生事象


/etc/postfix/main.cf の inet_interfaces の設定に関するエラーが発生する。

[ソフトウェアのバージョン]
postfix 2.11.3-1+deb8u2 (on Debian 8)
postfix 3.1.8-0+deb9u1 (on Debian 9)
mdadm 3.3.2-5+deb8u2 (on Debian 8)
mdadm 3.4-4+b1 (on Debian 9)

[エラーメッセージ]
postfix/sendmail[pid]: fatal: parameter inet_interfaces: no local interface \
found for 192.168.x.x

[inet_interfaces の設定値]
inet_interfaces = $myhostname, localhost

・192.168.x.x は eth0 の IP アドレスである。
・Postfix の起動/再起動時には発生しない。


2. 原因


mdadm の mdmonitor.service の不具合である。

・OS 起動時に mdmonitor からメール通知を行う場合に当該事象が発生する。
・ネットワーク I/F が使用できない状態でのメール送信のためと思われる。

(補足)
・メール通知自体は正常に機能する。
 (127.0.0.1 が使用されたものと思われる。)
・mdmonitor は、mdadm のモニタ機能である。
・mdmonitor.service は、'/sbin/mdadm --monitor --scan' を実行する。
・'/sbin/mdadm --monitor --scan -t' でテスト用にメールを送信できる。


3. 対処方法


下記のいずれかの手順を実施する。

(1) mdmonitor.service の変更

(変更内容)
[Unit] 欄の最後に下記の設定を追加する。
After=network.target


(補足)
/etc/systemd/system/mdmonitor.service の作成
または
/lib/systemd/system/mdmonitor.service の変更


(2) /etc/postfix/main.cf の変更

(変更前)
inet_interfaces = $myhostname, localhost

(変更後)
inet_interfaces = all        … 他ノードから接続を行う場合
または
inet_interfaces = localhost  … 他ノードから接続を行わない場合

[4. 備考]


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

Debian9.4へのアップデートでの不具合の改善 [Debian]

Debian 9.4 において、Debian 9.2 以降で発生した Postfix の不具合が改善されている。
詳細は、以下の通りである。

1. ソフトウェアのバージョン


postfix 3.1.8-0+deb9u1
postfix-sqlite 3.1.8-0+deb9u1


2. 改善された不具合


/etc/postfix/main.cf の mynetworks の設定が反映されるようになった。

・該当するアドレスの 25 番ポートが LISTEN 状態になる。
 ('netstat -an | grep :25' の実行結果で確認できる。)


3. 備考


発生していた不具合の詳細
cf. http://dan-project.blog.so-net.ne.jp/2017-10-08



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

/dev/dm-0から/dev/mapper/*への変換 [Debian]

[ソフトウェアのバージョン]
・OS: Debian GNU/Linux 8
・lvm2 2.02.111-2.2+deb8u1
・mdadm 3.3.2-5+deb8u2

1. 発生事象


Debian 8 において、'df /' の出力でデバイス・パスが /dev/dm-0 と表示される。

・/ は、mdadm+LVM 構成での LV である。
・/ 以外では、/dev/mapper/* と表示される。
・動作上の問題はない。
・GRUB 設定の root= で /dev/mapper/* を指定しても状況は変わらない。

(補足)
・Debian 9 では発生しない。
 (lvm2 2.02.168-2、mdadm 3.4-4+b1)
・CentOS 6 では発生しない。
 (lvm2-2.02.143-12.el6_9.1.i686、mdadm-3.3.4-8.el6.i686)
・CentOS 7 では発生しない。
 (lvm2-2.02.171-8.el7.x86_64、mdadm-4.0-5.el7.x86_64)


2. 変換方法


下記のいずれかの手順で、/dev/mapper/ 内でのデバイス・パスが取得できる。


(1) /sys/block/ からのデバイス・パスの取得

# cat /sys/block/dm-0/dm/name
vg_linux-debian_root


・/sys/block/dm-0 は ../devices/virtual/block/md0/ へのシンボリック・リンク


(2) /dev/mapper/ からのデバイス・パスの取得

# ls -l /dev/mapper/ | grep -w dm-0 | awk '{print $(NF -2)}'
vg_linux-debian_root


(補足)
/dev/mapper/vg_linux-debian_root は /dev/vg_linux/debian_root でもアクセス可能


3. 備考


(1) 対応するデバイス・パスを一覧表示するスクリプト

#!/bin/sh
for i in `ls -d /sys/block/dm-*`; do
    echo "/dev/`basename $i`" ... "/dev/mapper/`cat $i/dm/name`"
done


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

Debian 9.2へのアップデート後の不具合の発生 [Debian]

Debian 9.1 から 9.2 へのアップデート後に Postfix の不具合が発生する。
詳細は、以下の通りである。

[ソフトウェアのバージョン]
・postfix 3.1.6-0+deb9u1
・postfix-sqlite 3.1.6-0+deb9u1

1. 発生事象


/etc/postfix/main.cf の mynetworks の設定が反映されない。

・該当するアドレスの 25 番ポートが LISTEN 状態にならない。
 ('netstat -an | grep :25' の実行結果で確認できる。)


2. 対処方法


Debian 9.1 のパッケージにバージョンダウンする。

(1) パッケージの入手


https://pkgs.org/ 等から、下記のパッケージをダウンロードする。

・postfix-sqlite_3.1.4-7_i386.deb
・postfix_3.1.4-7_i386.deb


(2) パッケージのインストール

# dpkg -i postfix_3.1.4-7_i386.deb postfix-sqlite_3.1.4-7_i386.deb


(3) Postfix の再起動

# /etc/init.d/postfix restart
または
# systemctl restart postfix


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

Debian 9でFlash Pluginのクラッシュが度々発生する [Debian]

[ソフトウェアのバージョン]
・OS: Debian 9.1
・Firefox 45.9.0 ESR、Firefox 52.3.0 ESR
・Flash Plugin v27.0.0.130

1. 発生事象


radiko で Adobe Flash Plugin がクラッシュする。

・必ず発生するわけではないが、度々発生する。
 (初回アクセス時に発生しなければ、その後は発生しない。)
・当該事象が発生する場合には、ページの表示に非常に時間を要する。
・Debian 8 (フラウザ、Flash Plugin のバージョンは同じ) では発生しない。
・発生する場合としない場合で、何が異なるのかは不明である。


2. 対処方法


(1) Flash Plugin をできる限り新しいバージョンにする。

(2) ページが正しく表示されない場合には、[ページを再読み込み] を選択する。

(3) ページが正しく表示された場合には、エラーメッセージを無視する。


・特に問題なく機能する。
・万一問題が発生する場合には、[ページを再読み込み] を再度選択する。


(補足)
v27.0.0.130 に更新した後に上記 (2)、(3) での対応ができるようになった気がする。
(正確に検証したわけではない。)


3. 備考


(1) Firefox のエラーメッセージ

###!!! [Parent][MessageChannel::Call] Error: \
(msgtype=0xA20006,name=PPluginInstance::Msg_NPP_SetWindow) \
Channel timeout: cannot send/recv

###!!! [Parent][MessageChannel] Error: \
(msgtype=0x2E0001,name=PBrowserStream::Msg_Write) \
Channel timeout: cannot send/recv

###!!! [Parent][MessageChannel] Error: \
(msgtype=0x2E0003,name=PBrowserStream::Msg_NPP_DestroyStream) \
Channel timeout: cannot send/recv


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

Debian 9の'systemctl list-unit-files'の色表示がおかしい [Debian]

[ソフトウェアのバージョン]
systemd 232-25

1. 発生事象


'systemctl list-unit-files' の色表示がおかしい。

・状態の表示部分のみでなく、行全体が色付けされる。
・最終行で使用された色が画面の前景色となってしまう。

(補足)
Debian 8 (systemd 215-17+deb8u7) では発生しない。


2. 対処方法


(1) 上記事象の発生時に対応する場合


reset コマンドを実行する。


(2) 上記事象を発生させたくない場合


下記の内容で /usr/local/bin/systemctl を作成し、このスクリプトを使用する。
または、出力行数に関係なくページャーを使用(ページャーにパイプ連携)する。

#!/bin/bash
#
# patch for 'systemctl list-unit-files' (on Debian 9)
# - turn off colors
# - disable underline
#
# target version: systemd 232-25
#

/bin/systemctl "$@" | cat
exit "${PIPESTATUS[0]}"


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット