SSブログ

Windows 10の更新プログラムの構成に失敗することへの対応 [Windows]

[対象とする環境]
・Linux と Windows のマルチブートを行っている。
・Linux の GRUB から Windows 10 (20H2) を起動している。
 MBR に インストールした GRUB からチェインロードを行っている。
・普段は、Windows 10 の Windows Update を無効化している。
 Windows Update Blocker をいうソフトを使用し、有効/無効を選択している。
・必要時に応じて、Windows Update を有効化し、更新プログラムを適用している。

1. 発生事象


Windows 10 20H2 への KB5005565 の適用で、更新プログラムの構成に失敗する。

[エラー・メッセージ]
更新プログラムの構成に失敗しました


・トラブルシューティング・ツールを実行しても、状況は変わらない。
・クリーン・ブート後に Windows Update を実行しても、状況は変わらない。


2. 対処方法


一時的に、MBR に Windows のブートローダーをインストールすることで改善される。

(1) Windows のブートローダーのインストール


今回は、手近にあった Windows 7 のインストール・ディスクを使用した。

(a) Windows 7 のインストール・ディスクでブートする。

(b) [Windows のインストール] で [次へ] を選択する。

(c) [コンピューターを修復する] を選択する。

(d) [システム回復オプション] 画面で、[次へ] を選択する。


・[Windows の起動に伴う問題の回復用の回復ツールを使用...] の方を選択
・[次へ] を選択
・[コマンド・プロンプト] を選択し、下記のコマンドを実行する。

X:\Sources> diskpart
DISKPART> list disk
DISKPART> select disk 0
DISKPART> list part
DISKPART> select part 1
DISKPART> active
DISKPART> exit

bootrec /fixmbr
exit


(e) ブート用 DVD を取り出し、リブートする。


(2) Windows Update の実行


更新プログラムの構成に失敗しなくなる。


(3) GRUB の再インストール


・GRUB shell 等から Linux を起動する。
・MBR へ GRUB をインストールする。


3. 備考


Windows 10 21H1 への更新についても、同様と思われる。
・更新アシスタントで Windows 10 21H1 への更新を行ったところ、エラーが発生した。
 対象とする環境かどうかの判断ができない旨のメッセージが表示された。
・上記の対応後に実施すると、特に問題は発生しなかった。
 Windows のブートローダーがイストールされている状態で実施したためと思われる。
また、Windows 7 から Windows 10 (20H2) へのアップグレードでも同様と思われる。
・当初、対象とする環境かどうかの判断ができない旨のメッセージが表示された。
・Windows 10 の評価版のインストールおよび削除後に、再実行すると正常終了した。
 cf. https://dan-project.blog.ss-blog.jp/2021-05-29-1



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。