SSブログ

Debian 11へのアップグレード [Debian]

Debian 10.10 (buster) から Debian 11.0 (bullseye) へのアップグレードを行った。
3 個のパッケージで実行時のエラーが発生したが、致命的なエラーは発生しなかった。
詳細は、以下の通りである。

・参考資料
 https://www.debian.org/releases/bullseye/i386/release-notes/ch-upgrading.ja.html

1. アップグレードの前処理


(1) buster の最新パッケージへのアップデート


インストールされているパッケージを最新版にアップデートする。


(2) エラー状態にあるパッケージの確認


(a) 状態確認

# dpkg --audit


下記の状態のパッケージに関する情報が出力される。
・インストールが未完了のパッケージ (Half-Installed)
・設定に失敗したパッケージ (Failed-Config)
・何らかのエラー状態にあるパッケージ


(b) 対応


可能な限り問題の解決を行う。
問題が解決できない場合には、アンインストールを検討する。


(3) hold 状態にあるパッケージの確認


(a) 状態確認

# apt-mark showhold


該当するパッケージに関する情報が出力される。


(b) 対応


アップデートしたいパッケージは、hold 状態を解除する。
アップデートから除外したいパッケージは、hold 状態にする。

(hold の設定の場合)
# apt-mark hold <pkg_name>
(hold の解除の場合)
# apt-mark unhold <pkg_name>


(4) apt のキャッシュの削除

# apt-get clean
# apt-get autoclean


(5) システムのバックアップ


アップグレードが失敗した場合のために、システム・バックアップを行う。


2. アップグレード

2-1. リポジトリの変更


(1) /etc/apt/sources.list の編集


(a) buster を bullseye に変更する。

# cp -p sources.list sources.list.sav
# sed 's/buster/bullseye/g' sources.list.sav > sources.list


(b) securiry update の設定方法が変更されてため、これに対応する。

(変更前)
deb http://security.debian.org/ buster/updates main contrib non-free
deb-src http://security.debian.org/ buster/updates \
main contrib non-free

(変更後)
deb http://security.debian.org/debian-security bullseye-security \
main contrib non-free
deb-src http://security.debian.org/debian-security bullseye-security \
main contrib non-free


cf. https://www.debian.org/releases/stable/errata


(2) /etc/apt/sources.list の編集内容の反映

# apt-get update

2-2. 最小アップグレード


(1) 必要なディスク容量の確認

# apt-get -o APT::Get::Trivial-Only=true dist-upgrade


・/var/cache/apt/archives/ に必要なディスク容量が出力される。
・必要な領域がない場合には、その旨のメッセージが出力される。


(2) インストールされているパッケージの最小アップデート

# apt-get upgrade | tee /work/upgrade.log
または
# apt upgrade --without-new-pkgs | tee /work/upgrade.log


・他のパッケージのインストール/削除が不要なパッケージのみが対象となる。
・設定変更の可否の確認に対しては、現在の設定を使用する方を回答する。


2-3. 完全アップグレード
# apt-get dist-upgrade | tee /work/dist-upgrade.log
または
# apt full-upgrade | tee /work/dist-upgrade.log


・システムの完全なアップグレードが行われる。
・設定変更の可否の確認に対しては、現在の設定を使用する方を回答する。


3. アップグレード後の処理


(1) apt のキャッシュの削除

# apt-get clean
# apt-get autoclean


(2) システムのバックアップ


アップグレード直後のシステム・バックアップを行う。


(3) 不要となったパッケージの削除


下記の理由から、ここでは 'apt-get autoremove' を実行しない。
・'apt-get autoremove' で削除対象となるパッケージが多数ある。
・削除対象には、必要と思われるパッケージが含まれている。

削除対象となるパッケージの一覧のみを取得し、削除の有無は後程検討する。


(4) 設定ファイルの更新

# find /etc -name \*-dist
# find /etc -name \*-new
# find /etc -name \*-old


・/etc 以下の *-{dist,new,old} ファイルで必要なもの採用する。
・/etc/logrotate.d/ では、上記ファイルの存在が問題となる。


(5) apt のキャッシュの削除

# apt-get clean
# apt-get autoclean


(6) 再起動

# shutdown -r now

4. 備考


(1) インストール済のパッケージ数の増減


・Debian 10.10: 1579
・Debian 11.0: 1690 (+111)


(2) 実行時にエラーを発生するパッケージ


・Apache 2.4.48 … 異常終了
・iptables 1.8.7 … 異常終了
・Emacs 27.1 … 一部の機能が正常に機能しない

(備考)
対応方法について、現在調査中。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。