SSブログ

Rocky Linux 8.4の最小インストール [Linux]

Rocky Linux 8.4 について、KVM 上の VM へのインストールを行った。
CentOS から Rocky Linux へ移行するための準備である。

当初は boot.iso を使用する予定であったが、メタデータのダウンロードがなかなか終了しない状態となってしまい、取り敢えずは minimal.iso を使用してインストールを行った。
その後、状況が改善したため、boot.iso でのインストールを行った。
このため、2 種類の iso を使用したインストールで構築される環境についての比較を行った。

詳細は、以下の通りである。
(手順的には、CentOS 8.3 の場合と同じである。)

1. インストールで使用する iso ファイルのダウンロード


Rocky-8.4-x86_64-boot.iso
または
Rocky-8.4-x86_64-minimal.iso


2. インストーラーの起動


KVM の機能を使用して、インストーラーを起動する。

(1) ディスク・イメージの作成

(例)
# qemu-img create -f qcow2 /var/lib/libvirt/images/rocky-8_1.qcow2 6.0G


(2) VM の作成とインストーラーの起動

(例)
# virt-install --virt-type kvm \
--name rocky-8_1 --vcpus 1 --memory 1024 \
--disk path=/var/lib/libvirt/images/rocky-8_1.qcow2 \
--cdrom /shared_tmp/iso/rocky-linux/Rocky-8.4-x86_64-boot.iso


下記のメッセージが出力されるまで待ち、virt-manager を起動する。

Starting install...
Domain installation still in progress. Waiting for installation to \
complete.


(3) virt-manager の起動

# virt-manager


(4) 作成された VM への接続


該当する VM を右クリックし、[Open] を選択する。


3. インストールの実施

3-1. 言語の選択


・[日本語] を選択する。
・[続行] を選択する。


3-2. インストール方法の選択とインストールの開始


(1) ネットワークとホスト名の設定


・[全般] タブで、[優先的に自動接続する] を選択する。
・[IPv6] タブで、[無効] の選択、または適当な設定を行う。
・[IPv4] タブで、IPアドレス、GW、DNS サーバー、ホスト名を設定する。
・[IPv4] タブで、右側上部の [オン] を選択し、[接続済み] 状態にする。

(補足)
boot.iso の場合、メタデータのダウンロードが開始される。


(2) 時刻と日付の設定


・[アジア/東京] を選択する。
・右側上部の [ネットワーク時刻] で [オン] を選択する。

(補足)
boot.iso の場合、初期値でのメタデータのダウンロードがエラー終了する。
これにより、インストールソースの設定変更が可能となる。


(3) root パスワードの設定

(4) インストールソースの設定


boot.iso の場合、下記の内容でインストールソースを設定する。

・[ネットワーク上] を選択
・[ftp://ftp.riken.jp/Linux/rocky/8.4/BaseOS/x86_64/os/] を指定


(5) KDUMP の無効化


[kdump を有効にする] を選択しない。


(6) インストール先の設定


ストレージの設定で [自動構成] が選択されていることを確認する。


(7) ソフトウェアの選択


[最小限のインストール] を選択する。


(8) インストールの開始


・右下の [インストールの開始] を選択する。
・インストールの終了後、右下の [システムの再起動] を選択する。


4. 備考


(1) 使用する iso ファイルによるインストール・パッケージの違い


・Rocky-8.4-x86_64-boot.iso (720MB)
・Rocky-8.4-x86_64-minimal.iso (1.9GB)

minimal.log の場合、logrotate、rsyslog がインストールされない。
上記パッケージの追加とパッケージの更新後の比較結果は、以下の通りである。

# diff pkg_list_mininal.log pkg_list_boot.log
> geolite2-city-20180605-1.el8.noarch
> geolite2-country-20180605-1.el8.noarch

< glibc-all-langpacks-2.28-151.el8.x86_64
> glibc-langpack-ja-2.28-151.el8.x86_64
> langpacks-ja-1.0-12.el8.noarch

> libestr-0.1.10-1.el8.x86_64
> libevent-2.1.8-5.el8.x86_64
> libfastjson-0.99.8-2.el8.x86_64
> libmaxminddb-1.2.0-10.el8.x86_64
> libsecret-0.18.6-1.el8.x86_64
> libxkbcommon-0.9.1-1.el8.x86_64
> pinentry-1.1.0-2.el8.x86_64

> plymouth-0.9.4-9.20200615git1e36e30.el8.x86_64
> plymouth-core-libs-0.9.4-9.20200615git1e36e30.el8.x86_64
> plymouth-scripts-0.9.4-9.20200615git1e36e30.el8.x86_64
> python3-unbound-1.7.3-15.el8.x86_64


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

GmailのPOPサーバーにおいて、メールの存在を認識できないことがある [Linux]

1. 発生事象


Gmail の POP サーバーにおいて、メールの存在を正しく認識できないことがある。
このため、クライアント側での既読情報の管理には工夫が必要である。

(例)
(1) 時刻 X + 0 分の確認結果: 3 通のメールが存在
  この時点でのクライアントの管理情報を下記のようにする。
  ・未読のメール数/メールの総数: 3/3
  その後、すべてのメールを参照し、クライアントの管理情報を下記のようにする。
  ・未読のメール数/メールの総数: 0/3
(2) 時刻 X + 10 分の確認結果: メールなし ← 実際には 3 通のメールが存在
  メールが存在しないため、既読メールに関する情報が初期化される。
  よって、クライアントの管理情報は下記のようになる。
  ・未読のメール数/メールの総数: 0/0 ← 正しくは 0/3
(3) 時刻 X + 20 分の確認結果: 3 通のメールが存在
  3 通を新規メールと判断し、クライアントの管理情報は下記のようになる
  ・未読のメール数/メールの総数: 3/3 ← 正しくは 0/3
(4) メールの存在が認識される場合には、メールの UID は正しい値が得られる。


・メールが存在する場合に、メールなしと回答されることがある。
・発生頻度は低い。
 2021-08 の上旬に数回発生した。
・少し時間をあけ再実行すると、正しい結果が得られる。
 現在、10 分毎に確認を行っている。
・現時点では、Gmail 以外の POP サーバーでは発生していない。
・存在確認には、Perl の Mail::POP3Client.pm を使用したスクリプトを使用している。


2. 対処方法


上記のスクリプトに、下記の機能を追加する。


(1) クライアント側で既読情報を一定の期間保持する。


(変更前)
サーバー上で存在が確認されたメールの既読情報しか保持しない。

(変更後)
一度作成した既読情報は、メールなしと判断された後も一定期間保持する。
・例えば、メールなしと判断された後の 3 回目の確認時まで保持する。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

Mewのメール返信で引用する送信日付のフォーマット変更 [Linux]

[ソフトウェアのバージョン]
Mew 6.8 on Emacs 26.1
Mew 6.3 on Emacs 24.3.1

Mew のメール返信で、mew-cite-fields、mew-cite-format を使用して送信日時を引用する場合、メールヘッダーの Date: 行の値が使用される。
今回は、これを 'YYYY-MM-DD hh:mm:ss tz' のように変更する。

(理由)
・曜日の情報が不要。
・日付のフォーマットが複数存在。
 (曜日の有無、秒の有無)

詳細は、以下の通りである。

1. 変更前後での引用のイメージの違い(例)


(1) 変更前

On Tue, 8 Jun 2021 01:23:34 +0900 :
  From: xxx
  Subject: xxx

> ...


(2) 変更後

On 2021-06-08 01:23:34 +0900 :
  From: xxx
  Subject: xxx

> ...

2. 設定


~/.mew.el の mew-cite-format の設定の後に、下記の設定を追加する。

(setq mew-cite-strings-function 'my-mew-cite-strings)
(defun my-mew-cite-strings ()
  (let ((date (mew-cite-get-value mew-date:))
        (str (mew-cite-strings))
        item tmzn)
    (if (not (string-match mew-time-rfc-regex date))
        str
      (setq item (parse-time-string date))
      (setq date
            (format "%04d-%02d-%02d %02d:%02d:%02d"
                    (nth 5 item)
                    (nth 4 item)
                    (nth 3 item)
                    (nth 2 item)
                    (nth 1 item)
                    (nth 0 item)))
      (when (setq tmzn (nth 8 item))
        (setq tmzn (format "%+03d%02d" (/ tmzn 3600) (/ (% tmzn 3600) 60)))
        (setq date (concat date " " tmzn)))
      (replace-regexp-in-string "^On [^\n]+"
                                (format "On %s :" date)
                                str))))


・mew-time-rfc-regex を使用するチェックは、異常な値を除外するためである。
・mew-time-rfc-regex は、有効なデータを下記のように定義している。
 下記の項目を空白文字で連結した文字列
 日(数字)
 月(文字列)
 時分秒(数字を : で接続。秒は省略可。)
 タイムゾーン(符号付きの数字、または文字列。省略可。)



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

EmacsでのPDFファイルの表示 [Linux]

Emacs での PDF ファイルの表示について、簡単にまとめてみた。

・Emacs のバージョン:
 Emacs 26.1 (on Debian 10)、Emacs 24.3.1 (on CentOS 7)
・DocView mode を使用する。

1. PDF ファイルの表示


*.pdf ファイルを開く。


2. DocView の主な機能


(1) 表示位置の変更

# 次ページ
doc-view-next-page (n)
# 前ページ
doc-view-previous-page (p)
# 次の行
doc-view-next-line-or-next-page (C-n, <down>)
# 前の行
doc-view-previous-line-or-previous-page (C-p, <up>)
# 上方にスクロール
doc-view-scroll-up-or-next-page (SPC)
# 下方にスクロール
doc-view-scroll-down-or-previous-page (S-SPC)
# 最初のページ
doc-view-first-page (M-<)
# 最後のページ
doc-view-last-page (M->)


(2) 表示の拡大/縮小

# 拡大
doc-view-enlarge (+, =)
# 縮小
doc-view-shrink (-)
# リセット
doc-view-scale-reset (0)
# 縦方向のサイズをウィンドウに合わせる
doc-view-fit-height-to-window (H)
# 横方向のサイズをウィンドウに合わせる
doc-view-fit-width-to-window (W)
# ページ全体がウィンドウに収まるサイズに変更
doc-view-fit-page-to-window (P)


(3) 表示方法の変更

# テキストのみの表示
doc-view-open-text (C-c C-t)


Emacs のバージョンにより、実現方法が異なる。
 Emacs 26.1 (on Debian 10) の場合: 表示データの変更
 Emacs 24.3.1 (on CentOS 7) の場合: バッファーの追加
表示されたテキストについては、通常の検索が可能である。

# ドキュメント編集、ドキュメント閲覧の切替
doc-view-toggle-display (C-c C-c)

# テキストのみの表示の終了
Emacs のバージョンにより、手順が異なる。
・Emacs 26.1 (on Debian 10) の場合: doc-view-toggle-display (C-c C-c)
 2 回実行し、ドキュメント閲覧に切り替える。
・Emacs 24.3.1 (on CentOS 7) の場合: DocView モードのバッファーを選択


(4) DocView モードでの検索

doc-view-show-tooltip (C-t)
doc-view-search (C-s) または doc-view-search-backward (C-r)


・ドキュメント閲覧において、ツールチップを有効にし、検索を実施する。
検索結果は、マウス位置のツールチップに表示される。
ドキュメント閲覧のバッファーでは、検索結果を表示できない。


(5) キャッシュのクリア

# キャッシュ・ディレクトリの確認
C-h v
doc-view-cache-directory を指定

# キャッシュのクリア
M-x doc-view-clear-cache


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

xpdfで複数ファイルを表示するスクリプトの作成 [Linux]

xpdf で複数ファイルを表示するスクリプトを作成してみた。

・xpdf の起動後に追加選択できるが、ファイル選択が面倒なのでスクリプトで対応。
・xpdf の特定の機能で文字化けが発生するが、動作が軽快なため時々使用している。
 しおりの表示(左側のペイン)で日本語が文字化けする。
 検索時のキーワード入力で日本語が文字化けするため、日本語の検索ができない。

詳細は、以下の通りである。

1. スクリプト (Xpdf)
#!/bin/bash
#
# View PDF files with xpdf.
# usage: Xpdf [file ...]
#

# check existence of PDF files
check_pdf_file() {
    local status=0
    local i

    for i in $*; do
        case $i in
        *.pdf)
            if [ ! -f $i ] || [ ! -r $i ]; then
                echo ">> $i: no such file"
                status=1
                break
            fi
            ;;
        *)
            echo ">> $i: not PDF file"
            status=1
            break
            ;;
        esac
    done

    return $status
}

# execute xpdf
exec_xpdf() {
    local x_gap=20 pos
    local a_pid=()
    local status=0
    local i j

    if [ $# != 0 ]; then
        j=`ps acx | grep -c "xpdf$"`
        for i in $*; do
            pos="+$(($x_gap * $j))+0"
            xpdf -g $pos $i 2> /dev/null &
            a_pid+=($!)
            j=$(($j +1))
            sleep 0.2
        done

        # get status of background jobs
        for i in ${a_pid[*]}; do
            wait $i
            j=$?
            if [ $status = 0 ]; then
                status=$j
            fi
        done
    else
        xpdf -g +0+0 2> /dev/null
        status=$?
    fi

    return $status
}

if ! which xpdf >/dev/null 2>&1; then
    echo "xpdf: command not found"
    exit 1
elif [ $# = 0 ] || check_pdf_file $*; then
    exec_xpdf $*
fi

exit $?

2. 使用方法
% Xpdf [file ...]

[備考]


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

Emacsの小ネタ(3個) [Linux]

今回は、Emacs の小ネタを 3 個紹介する。

1. PDF の Viewer としての Emacs の使用


(1) 発生事象


近頃の Firefox では、PDF Viewer でエラーが発生することがある。
(例) Firefox 78.10.1 ESR

[エラー・メッセージ]
この PDF 文書はサポートされていないため正しく表示できない可能性があります。


文書の全部または一部が表示されないことがある。
エラー・メッセージが表示されるだけのこともある。
・設定で [ウェブページが指定したフォントを優先する] を選択すると発生しない。
 しかし、指定されているフォントによっては、とても見づらい状態となる。

(補足)
・すべてのアドオンを無効化しても状況は変わらない。
Firefox 52.9.0 ESR の PDF viewer では発生しない。


(2) 対処方法


上記の問題が発生した場合、[ほかのビューアーで開く] ボタンが表示される。
よって、表示されたボタンをクリックし、他のビューアーを選択する。

また、最近の Emacs では、DocView で PDF を表示できる。
起動に要する時間が短く、動作も軽快である。

(例)
Emacs 26.1 on Debian 10
Emacs 24.3.1 on CentOS 7


2. Emacs の起動時の Gtk-WARNING の出力の抑制


(1) 発生事象


Emacs の起動時に Gtk-WARNING が出力されることがある。
(Emacs 26.1 on Debian 10)

[ワーニング・メッセージ]
Gtk-WARNING **: ...: Theme parsing error: \
gtk-widgets.css:1214:18: Not using units is deprecated. Assuming 'px'.


(2) 対処方法


下記の手順を実施する。
(情報源は、ワーニング・メッセージのネット検索。)

(a) ~/.config/gtk-3.0/settings.ini での gtk-theme-name の設定値の取得


現在の設定は、'gtk-theme-name = Clearlooks-Phenix' となっている。


(b) /usr/share/themes/Clearlooks-Phenix/gtk-3.0/gtk-widgets.css の編集

# cd /usr/share/themes/Clearlooks-Phenix/gtk-3.0
# diff gtk-widgets.css gtk-widgets.css.org 
1214c1214
<       border-width: 0 1px;
---
>       border-width: 0 1;


(補足)
ワーニング・メッセージから、該当する行とカラムがわかる。
・アップグレードを繰り返した環境では、古い設定が残っていることがある。


3. Emacs の起動時の dbind-WARNING の出力の抑制


(1) 発生事象


Emacs の起動時に dbind-WARNING が出力されることがある。
(Emacs 26.1 on Debian 10)

[ワーニング・メッセージ-1]
dbind-WARNING **: ...: Couldn't connect to accessibility bus: \
Failed to connect to socket /tmp/dbus-c5SNKQfNzx: Connection refused

[ワーニング・メッセージ-2]
dbind-WARNING **: ...: Couldn't register with accessibility bus: \ 
Did not receive a reply. Possible causes include: the remote \
application did not send a reply, the message bus security policy \
blocked the reply, the reply timeout expired, or the network \
connection was broken.


(2) 対処方法


~/.bashrc 等に、下記の設定を行う。
(情報源は、ワーニング・メッセージのネット検索。)

# disable to display dbind-WARNING
export NO_AT_BRIDGE=1


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

/proc/mdstatのデバイス名でのソート [Linux]

MD device のステータスの確認のために、/proc/mdstat を参照している。
しかし、/proc/mdstat はデバイス名でソートされておらず、少々見づらい。
このため、/proc/mdstat をデバイス名でソートするスクリプトを作成した。
詳細は、以下の通りである。

1. スクリプト (mdstat)
#!/bin/sh
#
# Get status of MD devices sorted by device name.
# usage: mdstat
#
# - MD is an abbreviation for "multiple device".
# - The most common use case is commonly known as "Software RAID".
#

export LC_ALL=C

# sort status of MD devices by device path
sort_md_status() {
    local info=$1
    local first_line last_line md_dev
    local i

    # get first line, last line, list of MD device
    first_line=`echo "$info" | sed -n 1p`
    last_line=`echo "$info" | sed -n \\$p`
    md_dev=`echo "$info" | grep '^md[0-9]\+ :' | sed 's/ :.*//' | sort -n`

    # sort data by device path
    echo "$first_line"
    for i in $md_dev; do
        echo "$info" | grep -A2 $i
    done
    echo "$last_line"
}

sort_md_status "`cat /proc/mdstat`"
exit $?

2. 使用方法
% mdstat

3. 実行例
% mdstat
Personalities : [raid1] [linear] [multipath] [raid0] [raid6] [raid5] [raid4] \
[raid10] 
md0 : active raid1 sda5[0] sdb5[1]
      20971456 blocks [2/2] [UU]
      
md1 : active raid1 sda6[0] sdb6[1]
      20971456 blocks [2/2] [UU]
      
md2 : active raid1 sda7[0] sdb7[1]
      204736 blocks [2/2] [UU]
      
md3 : active raid1 sda8[0] sdb8[1]
      204736 blocks [2/2] [UU]
      
md4 : active raid1 sda9[0] sdb9[1]
      41942976 blocks [2/2] [UU]
      
md5 : active raid1 sda10[0] sdb10[1]
      204736 blocks [2/2] [UU]
      
md6 : active raid1 sda11[0] sdb11[1]
      204736 blocks [2/2] [UU]
      
md7 : active raid1 sda3[0] sdb1[1]
      83886016 blocks [2/2] [UU]
      
unused devices: 
% cat /proc/mdstat
Personalities : [raid1] [linear] [multipath] [raid0] [raid6] [raid5] [raid4] \
[raid10] 
md2 : active raid1 sda7[0] sdb7[1]
      204736 blocks [2/2] [UU]
      
md5 : active raid1 sda10[0] sdb10[1]
      204736 blocks [2/2] [UU]
      
md1 : active raid1 sda6[0] sdb6[1]
      20971456 blocks [2/2] [UU]
      
md3 : active raid1 sda8[0] sdb8[1]
      204736 blocks [2/2] [UU]
      
md7 : active raid1 sda3[0] sdb1[1]
      83886016 blocks [2/2] [UU]
      
md6 : active raid1 sda11[0] sdb11[1]
      204736 blocks [2/2] [UU]
      
md4 : active raid1 sda9[0] sdb9[1]
      41942976 blocks [2/2] [UU]
      
md0 : active raid1 sda5[0] sdb5[1]
      20971456 blocks [2/2] [UU]
      
unused devices: 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

LinuxでのWebカメラの使用 [Linux]

コロナ禍の影響によるリモート会議への対応のため、Linux で使用できる Web カメラについて調べてみた。

調査結果は、以下の通りである。
(尚、動作確認を行っていないため、購入は自己責任でお願いします。)

1. USB 接続でドライバーのイストールが不要な製品については、ほぼ Linux で使用できる。


このような製品の場合、ほとんどが UVC(USB Video Class) 仕様に対応した製品である。


2. UVC 仕様に対応した製品の場合には、Linux でも問題なく使用できる。

3. 下記の製品については、UVC 仕様に対応しており Linux で使用できる。
・ELECOM UCAM-C310FBBK (マイク内蔵)
 参考価格: 2,170円(税込)/家電量販店
・ロジクール C270 (マイク内蔵)
 参考価格: 2,310円(税込)/家電量販店


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

KVM環境でのコピー・ペースト [Linux]

CentOS 7 上の KVM を使用して、仮想環境を構築している。
使用目的は、サーバー機能のテストのためである。
このため、ゲスト OS には X 関連のパッケージをインストールしない。
(KVM ホスト側には、X 関連のパッケージをインストールしている。)

[ソフトウェアのバージョン]
・OS: CentOS 7
・qemu-kvm-1.5.3-175.el7_9.3.x86_64
・virt-manager-1.5.0-7.el7.noarch

以下は、このような環境でのコピー・ペーストの実施方法についてまとめたものである。

1. ゲスト OS への接続に Serial Console を使用する場合


ウィンドウ間、およびウィンドウ内でのコピー・ペーストが可能である。
また、Serial Console で接続には、下記のいずれかの手順を実施する。

(1) Terminal Emulator での virsh の実行

# virsh console <domain-name>


(2) Terminal Emulator での virt-manager の実行

# virt-manager


・VM(ドメイン) を選択した状態で右クリックし、[Open] を選択する。
 この時点では、Graphical Console が選択されている。
・メニューで、[View] -> [Text Consoles] -> [Serial 1] を選択する。
・表示された Serial Console の任意のポイントをクリックする。


(補足)
ゲスト OS での Serial Console の設定については、備考を参照。


2. ゲスト OS への接続に Graphical Console を使用する場合


コピー・ペーストはできない。
ただし、下記の手順により、ウィンドウ内でのコピー・ペーストが可能となる。

(1) gpm のインストール

# yum install gpm


下記の依存パッケージもインストールされる(CentOS 7 の場合)。
・SDL, gpm-libs, linuxconsoletools


(2) gpm の起動 (初回のみ)

# systemctl start gpm

[備考]


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

rsyslogのタイムスタンプのフォーマット変更 [Linux]

rsyslog のデフォルト設定では、タイムスタンプに年が出力されない。
不便を感じることが度々あるため、年(西暦 4桁)が出力されるように設定の変更を行った。

[ソフトウェアのバージョン]
・rsyslog 8.1901.0-1 (on Debian 10)
・rsyslog-8.24.0-52.el7_8.2.x86_64 (on CentOS 7)

1. 対応方法


/etc/rsyslog.conf にテンプレートの定義を追加し、これを使用する。
尚、タイムスタンプは、下記のように変更する。

(変更前)
Jan  2 11:22:33
(変更後)
2020-01-02 11:22:33

2. 実施手順


(1) テンプレートの定義


下記のテンプレートを定義する(注1)。

$template custom_timestamp,"%timestamp::10:date-rfc3339%
 %timestamp:12:19:date-rfc3339% %hostname% %syslogtag%
%msg:::sp-if-no-1st-sp%%msg:::drop-last-lf%\n"


・%msg:::drop-last-lf%
 メッセージの最初の文字がスペースでない場合に、スペースを返す。
・%msg:::sp-if-no-1st-sp%
 メッセージを取得し、最後の改行を取り除く。


(2) デフォルト・テンプレートの変更

(変更前)
$ActionFileDefaultTemplate RSYSLOG_TraditionalFileFormat
(変更後)
$ActionFileDefaultTemplate custom_timestamp


(3) rsyslog の再起動

# systemctl restart rsyslog

3. 備考


(1) $ActionFileDefaultTemplate の代表的な設定値


(a) RSYSLOG_TraditionalFileFormat


・デフォルトの設定値である。
・タイプスタンプに年が含まれない。
 (例) Jan 2 11:22:33
・フォーマットは、下記の通り(注1)。

"%TIMESTAMP% %HOSTNAME% %syslogtag%%msg:::sp-if-no-1st-sp%
%msg:::drop-last-lf%\n"


(b) RSYSLOG_FileFormat


・高精度のタイプスタンプとタイムゾーン情報が含まれる。
 (例) 2020-01-02T11:22:33.123456+09:00
・フォーマットは、下記の通り(注1)。

"%TIMESTAMP:::date-rfc3339% %HOSTNAME% %syslogtag%
%msg:::sp-if-no-1st-sp%%msg:::drop-last-lf%\n"

(注1)
複数行として表示しているが、設定は一行で行う(単純に行を連結する)こと。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット