SSブログ

Debian 11への追加対応 [Debian]

先日 Debian 11.0 へのアップグレードを行った環境に、追加の対応を行った。
これで、アップグレード前の Debian 10.10 と同程度に使用できる状態となったと思われる。

1. 追加対応

1-1. ブート時の e2scrub_reap.service のエラー


(1) 発生事象


(a) エラーメッセージ

Failed to Start Remove Stale Online ext4 Metadata Check Snapshots.
see 'systemctl status e2scrub_reap.service' for details.


(b) ブート後の当該サービスの状態

# systemctl status e2scrub_reap.service
* e2scrub_reap.service - Remove Stale Online ext4 Metadata Check Snapshots
     Loaded: loaded (/lib/systemd/system/e2scrub_reap.service; enabled; \
             vendor preset: enabled)
     Active: failed (Result: exit-code) ...
       Docs: man:e2scrub_all(8)
    Process: 833 ExecStart=/sbin/e2scrub_all -A -r (code=exited, \
             status=218/CAPABILITIES)
   Main PID: 833 (code=exited, status=218/CAPABILITIES)
...

# systemctl is-enabled e2scrub_reap.service
enabled


(c) ブート後のサービスの再起動の結果

# systemctl restart e2scrub_reap.service
Job for e2scrub_reap.service failed because the control process exited \
with error code.
See "systemctl status e2scrub_reap.service" and "journalctl -xe" for \
details.


(2) 対処方法


取り敢えず、当該サービスの自動起動を無効化する。

# systemctl stop e2scrub_reap.service
# systemctl disable e2scrub_reap.service

1-2. journald の永続的なジャーナル機能の有効化


(1) 発生事象


journald の永続的なジャーナル機能が有効となる。
(ディスク上の /var/log/journal/ への出力となる。)


(2) 対処方法


無効化するには、下記の手順により、/var/log/journal/ を削除する。


(a) サービスの停止

# systemctl stop systemd-journald.service
# systemctl stop systemd-journald.socket


(b) ディレクトリの削除

# rm -fr /var/log/journal


(c) サービスの開始

# systemctl start systemd-journald.socket
# systemctl start systemd-journald.service


(補足)
原因は、/var/log/journal/ が存在するためである。
・Debian 11.0 へのアップグレード時に作成されたものと思われる。
・journald の初期設定では、/var/log/journal/ の有無により出力先が変わる。
 存在する場合: ディスク(/var/log/jounal/)へ出力
 存在しない場合: RAM ディスク(/run/log/journal/)へ出力


1-3. Wireshark の起動エラー


(1) 発生事象

[エラーメッセージ]
wireshark: error while loading shared libraries: libQt5Core.so.5: \
cannot open shared object file: No such file or directory


・Wireshark のバージョン: wireshark-qt 3.4.4-1
・該当するライブラリは存在する。

# find /usr/lib -name libQt5Core.so\*
/usr/lib/i386-linux-gnu/libQt5Core.so.5.15.2
/usr/lib/i386-linux-gnu/libQt5Core.so.5 … libQt5Core.so.5.15.2 へのリンク
/usr/lib/i386-linux-gnu/libQt5Core.so.5.15 … libQt5Core.so.5.15.2 へのリンク


(2) 対処方法


該当するライブラリから、余分な情報を削除する。

# /usr/lib/i386-linux-gnu
# cp -p libQt5Core.so.5.15.2 libQt5Core.so.5.15.2.org
# strip --remove-section=.note.ABI-tag libQt5Core.so.5.15.2


'for GNU/Linux 3.17.0' という部分が問題の原因とのこと。
(cf. https://myn.meganecco.org/1562249040.html)

# file libQt5Core.so.5.15.2.org
libQt5Core.so.5.15.2.org: ELF 32-bit LSB shared object, Intel 80386, \
version 1 (SYSV), dynamically linked, interpreter /lib/ld-linux.so.2, \
BuildID[sha1]=b682831b8118e8378863be17f9e45a8cd6c66e31, \
for GNU/Linux 3.17.0, stripped

# file libQt5Core.so.5.15.2
libQt5Core.so.5.15.2: ELF 32-bit LSB shared object, Intel 80386, \
version 1 (SYSV), dynamically linked, interpreter /lib/ld-linux.so.2, \
BuildID[sha1]=b682831b8118e8378863be17f9e45a8cd6c66e31, stripped

2. 備考


(1) インストール済のパッケージ数の増減


・Debian 10.10: 1579
・Debian 11.0: 1603 (+24)


(2) ディスクの使用量の増減


・Debian 10.10: 約 3.6GB を使用
・Debian 11.0: 約 3.8GB を使用 (+200MB)



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。