SSブログ

Rocky Linux 8.4の最小インストール [Linux]

Rocky Linux 8.4 について、KVM 上の VM へのインストールを行った。
CentOS から Rocky Linux へ移行するための準備である。

当初は boot.iso を使用する予定であったが、メタデータのダウンロードがなかなか終了しない状態となってしまい、取り敢えずは minimal.iso を使用してインストールを行った。
その後、状況が改善したため、boot.iso でのインストールを行った。
このため、2 種類の iso を使用したインストールで構築される環境についての比較を行った。

詳細は、以下の通りである。
(手順的には、CentOS 8.3 の場合と同じである。)

1. インストールで使用する iso ファイルのダウンロード


Rocky-8.4-x86_64-boot.iso
または
Rocky-8.4-x86_64-minimal.iso


2. インストーラーの起動


KVM の機能を使用して、インストーラーを起動する。

(1) ディスク・イメージの作成

(例)
# qemu-img create -f qcow2 /var/lib/libvirt/images/rocky-8_1.qcow2 6.0G


(2) VM の作成とインストーラーの起動

(例)
# virt-install --virt-type kvm \
--name rocky-8_1 --vcpus 1 --memory 1024 \
--disk path=/var/lib/libvirt/images/rocky-8_1.qcow2 \
--cdrom /shared_tmp/iso/rocky-linux/Rocky-8.4-x86_64-boot.iso


下記のメッセージが出力されるまで待ち、virt-manager を起動する。

Starting install...
Domain installation still in progress. Waiting for installation to \
complete.


(3) virt-manager の起動

# virt-manager


(4) 作成された VM への接続


該当する VM を右クリックし、[Open] を選択する。


3. インストールの実施

3-1. 言語の選択


・[日本語] を選択する。
・[続行] を選択する。


3-2. インストール方法の選択とインストールの開始


(1) ネットワークとホスト名の設定


・[全般] タブで、[優先的に自動接続する] を選択する。
・[IPv6] タブで、[無効] の選択、または適当な設定を行う。
・[IPv4] タブで、IPアドレス、GW、DNS サーバー、ホスト名を設定する。
・[IPv4] タブで、右側上部の [オン] を選択し、[接続済み] 状態にする。

(補足)
boot.iso の場合、メタデータのダウンロードが開始される。


(2) 時刻と日付の設定


・[アジア/東京] を選択する。
・右側上部の [ネットワーク時刻] で [オン] を選択する。

(補足)
boot.iso の場合、初期値でのメタデータのダウンロードがエラー終了する。
これにより、インストールソースの設定変更が可能となる。


(3) root パスワードの設定

(4) インストールソースの設定


boot.iso の場合、下記の内容でインストールソースを設定する。

・[ネットワーク上] を選択
・[ftp://ftp.riken.jp/Linux/rocky/8.4/BaseOS/x86_64/os/] を指定


(5) KDUMP の無効化


[kdump を有効にする] を選択しない。


(6) インストール先の設定


ストレージの設定で [自動構成] が選択されていることを確認する。


(7) ソフトウェアの選択


[最小限のインストール] を選択する。


(8) インストールの開始


・右下の [インストールの開始] を選択する。
・インストールの終了後、右下の [システムの再起動] を選択する。


4. 備考


(1) 使用する iso ファイルによるインストール・パッケージの違い


・Rocky-8.4-x86_64-boot.iso (720MB)
・Rocky-8.4-x86_64-minimal.iso (1.9GB)

minimal.log の場合、logrotate、rsyslog がインストールされない。
上記パッケージの追加とパッケージの更新後の比較結果は、以下の通りである。

# diff pkg_list_mininal.log pkg_list_boot.log
> geolite2-city-20180605-1.el8.noarch
> geolite2-country-20180605-1.el8.noarch

< glibc-all-langpacks-2.28-151.el8.x86_64
> glibc-langpack-ja-2.28-151.el8.x86_64
> langpacks-ja-1.0-12.el8.noarch

> libestr-0.1.10-1.el8.x86_64
> libevent-2.1.8-5.el8.x86_64
> libfastjson-0.99.8-2.el8.x86_64
> libmaxminddb-1.2.0-10.el8.x86_64
> libsecret-0.18.6-1.el8.x86_64
> libxkbcommon-0.9.1-1.el8.x86_64
> pinentry-1.1.0-2.el8.x86_64

> plymouth-0.9.4-9.20200615git1e36e30.el8.x86_64
> plymouth-core-libs-0.9.4-9.20200615git1e36e30.el8.x86_64
> plymouth-scripts-0.9.4-9.20200615git1e36e30.el8.x86_64
> python3-unbound-1.7.3-15.el8.x86_64


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。