SSブログ

Windowsのパーティションのマウント・エラーへの対応 [Linux]

1. 発生事象


autofs で Windows の NTFS パーティションをマウントできないことがある。

/etc/auto.misc の設定は、下記の通りである。

win_1  -fstype=ntfs,locale=ja_JP.eucJP,umask=022,ro  /dev/sda1
win_2  -fstype=ntfs,locale=ja_JP.eucJP,umask=022     /dev/sda2


(補足)
・Linux と Windows をマルチブートしている環境である。
・文字コードに unicode を使用する場合には、locale に ja_JP.UTF-8 を指定する。


2. 原因


原因は、/dev/sda と /dev/sdb のディスクが入れ替わることがあるためである。
起動時に、OS がディスクを認識した順序で /dev/sda(1個目)、/dev/sdb(2個目)のようになる。
このため、この順序は入れ替わることがある。

(補足)
・発生頻度が低いため、これまで気付かなかった。
・LVM を使用している環境では、下記の理由により上記問題は発生しない。
 mdadm + LVM での RAID 1 構成のため、UUID が使用されている。


3. 対処方法


Windows 用のパーティションには、win_1、win_2 のラベルを設定している。
このため、/etc/auto.misc を下記のように変更する。

win_1  -fstype=ntfs,locale=ja_JP.eucJP,umask=022,ro  :LABEL=win_1
win_2  -fstype=ntfs,locale=ja_JP.eucJP,umask=022     :LABEL=win_2


(補足)
UUID を使用することも可能である。
(デバイスの UUID は、`lsblk -f` で確認できる。)



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。