SSブログ

Windows 7 Home EditionのWindows 10への無償アップグレード [Windows]

0. 背景


下記の理由から、サポート終了後も Windows 7 を使用している。

・Windows 環境は MS Office 文書の編集くらいにしか使用していない。
・MS のサポートを使用することはない。
 ネット検索や自身での調査により、ほとんどの問題を解決できる。
 また、解決できない問題が残る場合は、その部分を使用しないだけである。


しかし、Windows 10 の下記の情報を見て、アップグレードを検討するようになった。

・MS の方針変更があり、以降は OS の新規購入の必要がない。
 Windows 10 内でのバージョンアップとなる。
・Windows 7 から Windows 10 への無償アップグレードが 2021-01 でも実施できる。
 無償アップグレードの期限終了後もアップグレードができている。
・現在の PC 環境が Windows 10 のハードウェア要件を満たしている。


以下は、下記の項目についてまとめたものである。
・Windows 10 への無償アップグレードを実現するまでの経過
・現状と今後の予定


1. Windows 7 の Windows 10 への無償アップグレードの実現までの経過
1-1. 通常の無償アップグレード手順の実施 (2021-03 上旬に実施) → 異常終了


下記のエラーが発生し、Windows 10 をインストールできない。

[エラーメッセージ]
この PC で Windows 10 を実行できるかを判断できません。
セットアップをやめてやり直してください。


(1) 実施方法

・MediaCreationTool20H2.exe を使用。
・Windows 7 の Product Code を入力せずに実施。
 (インストール終了後にライセンス認証を行うため。)
・データの引き継ぎ/クリーンインストールのいずれでも実施。
 [この PC を今すぐアップグレードする] を選択の場合
 ・Windows 7 のデータが引き継がれる。
 [別の PC のインストール メディアを作成する] を選択の場合
 ・Windows 10 がクリーンインストールされる。


(補足)
上記の曖昧なエラーメッセージからは、下記のいずれなのかが判断できない。
・Windows 10 への無償アップグレードに該当する環境ではない。
・Windows 10 に対応した環境ではない。


1-2. Windows 10 評価版のインストール (2021-04 上旬に実施) → 正常終了


Windows 10 Enterprise Edition の評価版が存在することを知り、インストールを実施。
(その後、Windows 10 評価版をバックアップし、パーティションの初期化を実施。)

(1) 目的


Windows 10 に対応した環境かどうかを確認するため。


(2) 結果


インストールできたため、Windows 10 に対応した環境であると確認できた。


1-3. Windows 10 への無償アップグレードの再実行 (2021-04 上旬に実施) → 正常終了


下記の手順により、アップグレードできる。

(1) Windows 10 のクリーン・インストール

・パーティション、ファイルシステム(NTFS)は事前に作成する。
・ダウンロードした iso ファイルを書き込んだ DVD でブートする。
・インストール時には、Windows 7 の Product Code を入力しない。


(2) インストール後のライセンス認証

・インストール後に、Windows 7 の Product Code でライセンス認証を行う。

2. 現状 (2021-05 下旬)


下記の理由により、パックアップ・データから Windows 7 をリストアし、Windows 7 を使用している。
(尚、Windows 10 は、現在のイメージをバックアップしている。)
理由は、下記の通りである。

(1) Windows 10 の Windows Update の終了に非常に時間を要することがある。


Windows 10 では、Windows Update が強制実行される。
また、エラーの発生、およびその取消のために 最大で 2時間程度、shutdown が終了しないことがあった。


(2) Windows 10 のディスク使用量が想定を遥かに越える。

・Windows 7 では、C: 20GB、D: 10GB で運用できていた。
・Windows XP では、C: 10GB、D: 10GB で運用できていた。
・Windows 10 では、C: 30GB、D: 10GB でも余裕がない。
 Windows Update が実施された後にこの傾向が堅調となる。


(3) 不要なアプリケーションが多数インストールされる。


これまでの Windows 以上にインストールされる。
また、アン・インストールの手順が面倒なアプリケーションが多数存在する。


3. 今後の予定


(1) Windows 10 の再使用


1 年の半期毎にあるバージョンアップのタイミングで、Windows 10 の更新と状況確認を確認し、再使用の有無を検討しようと思う。

ライセンス的にはグレーゾーンではあるが、Windows 7 と同時に使用しない限り問題ないように思われる。

・Windows 10 が快適に使用できるなら、移行したいと思っている。
・現在の Windows 10 は快適ではない。
 Windows Update を強制するが、更新プログラムの完成度が低く快適ではない。
・仕方なくWindows 7 に戻し、Windows 10 の改善を待っているような状況である。


(2) Windows 10 での Windows Update の無効化

・サービスやタスクの無効化では効果がない。
・Home Edition では、Windows Update を無効化するソフトウェアを使用する。
 (例) win-updates-disabler


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。