SSブログ

CentOS 7上のxawtvでノイズが発生することへの対応 [Linux]

[ソフトウェアのバージョン]
・xawtv-3.105-2.el7.x86_64
・alsa-lib-1.1.6-2.el7.x86_64
・alsa-plugins-pulseaudio-1.1.6-1.el7.x86_64
・alsa-utils-1.1.6-1.el7.x86_64
・pulseaudio-10.0-5.el7.x86_64
・kernel-3.10.0-957.10.1.el7.x86_64
 (saa7134 モジュール、saa7134_alsa モジュールを使用)

1. 発生事象


xawtv の音声にノイズが発生する。

・起動直後にはノイズは発生しない。
・しばらく使用しているとノイズが発生する。
 (30〜60 分程度の連続使用で、音がこもる/割れる。)
・xawtv を再起動すると改善される。
・xawtv の機能により、ミュートの設定/解除を行うと改善される。
・改善された後も、しばらく使用していると再発する。
・ノイズが発生する場合には、下記のようなメッセージが出力される。
 ALSA lib pcm.c:8424:(snd_pcm_recover) overrun occurred
 (ただし、当該メッセージが出力されてもノイズが発生するとは限らない。)

(補足)
・/dev/mixer の存在しない状態で使用している。
・xawtv の画像に関しては、問題は発生していない。


2. 対処方法


現時点では、根本的な解決方法は不明である。
また、取り敢えず、下記の手順により対応可能である。

(1) ~/bin/xawtv-patch の作成


下記の処理を行うスクリプトを作成する。

(a) xawtv の機能により、mute の状態を取得する。

v4lctl show mute


(注意)
xawtv-remote に同じ引数(同じコマンド)を指定しても何も出力されない。


(b) mute されていない場合、xawtv の機能により mute/unmute を実施する。

xawtv-remote volume mute on
sleep 0.1
xawtv-remote volume mute off


・mute の実施により、一時的に音声出力が途切れる。
・mute と unmute の間に sleep を入れた方が、より効果が得られる。

(注意)
v4lctl に同じ引数(同じコマンド)を指定しても求める効果が得られない。


(2) cron への ~/bin/xawtv-patch を実行する設定の追加


・例えば、20 分毎に ~/bin/xawtv-patch を実行する。
・再発した場合には、手動で mute の設定/解除を実施することで対応する。


[備考]


nice!(1)  コメント(0) 

Firefoxの中間CA証明書の期限切れへの対応 [Linux]

2019-05-04 に Firefox のアドオンが使用できなくなる不具合が発生した。原因は、アドオンの署名で使用する中間 CA 証明書の有効期限が切れたためである。

現時点でサポートされているバージョンについては、修正プログラムや更新バージョンのインストールで対応可能である。しかし、サポートの終了したバージョンについては、別途対応が必要である。
以下は、備忘録として、サポートの終了したバージョンへの対応方法をまとめたものである。

1. 発生事象


中間 CA 証明書の期限切れにより、署名の必要なアドオンが使用できない状態となる。

(例)
Firefox ESR 52.9.0、ESR 45.9.0 では、下記のアドオンが使用できない状態となる。
・Classic Theme Restorer 1.7.7.2
・Tab Mix Plus 0.5.5.0


2. 対処方法


(1) 証明書のダウンロード


http://yahoogeocities.g1.xrea.com/signingca1addonsmozillaorg.crt


(2) 証明書の Firefox へのインストール


(a) 証明書マネージャー画面を表示


・メニューから [編集] -> [設定] を選択
・左側の一覧から [詳細] -> [証明書] を選択
・下側の [証明書を表示] を選択


(b) 証明書マネージャー画面で証明書をインストール


・[認証局証明書] タブを選択
・[インポート] を選択
・ダウンロードした証明書を選択
・[証明書のインストール] 画面では、[OK] のみを選択
・[OK] を選択し、証明書マネージャーを終了


(3) アドオンの状態を強制的に再チェック


(a) F12 を押下し、開発者ツールを起動

(b) ブラウザーとアドオンのデバッガーを有効化


・右上のギアのアイコンを選択
・[ブラウザーとアドオンのデバッガーを有効化] を選択


(c) CTRL+Shift+J でブラウザーコンソールを起動

(d) 下記の 2 行をコピー・ペーストし、Enter を押下


# 1 行目
var { XPIProvider } = Components.utils.import("resource://gre/modules/addons/XPIProvider.jsm", {});
# 2 行目
XPIProvider.verifySignatures();

(補足)
・一行ずつの入力、マルチステートメントでの入力とも可能である。
・複数行を 1 度に入力することも可能である。
 (途中の行の行末では Shift+Enter、最終行の行末では Enter を入力)


(e) ブラウザーコンソールを終了

(f) ブラウザーとアドオンのデバッガーを無効化


上記 (b) での変更を元に戻す。


(g) 開発者ツールを終了


(4) Firefox の再起動


3. 備考


(1) 更新された証明書


[認証局証明書] -> [Mozilla Corporation] -> [signingca1.addons.mozilla.org]


(2) 参考にした情報


http://yahoogeocities.g1.xrea.com/MozillaFirefoxAddonCorruptionHotfix.html
https://nandakke.hatenadiary.com/entry/2019/05/06/043752



nice!(1)  コメント(0)