So-net無料ブログ作成

debian 8のautofsの不具合 [Debian]

Debian 8 の autofs での NTFS のマウントにおいて、下記の不具合が発生する。

# パッケージのバージョン
・autofs 5.0.8-2
・ntfs-3g 1:2014.2.15AR.2-1+deb8u2

1. 発生事象


autofs での NTFS のマウント時にオプション指定ができない。

・NTFS のマウントには、ntfs-3g を使用している。
・fstype 以外のオプションを指定するとマウントポイントが認識されない。
・fstype 以外のオプションを指定しない場合には問題ない。
・mount コマンドでのオプション指定では問題なくマウントできる。

【異常ケース】
# cat /etc/auto.misc
...
win_1 -fstype=ntfs,ro :/dev/sda1
...
# cd /misc/win_1
bash: cd: /misc/win_1: No such file or directory
【正常ケース-1】
# cat /etc/auto.misc
...
win_1 -fstype=ntfs :/dev/sda1
...
# cd /misc/win_1
# pwd
# /misc/win_1
【正常ケース-2】
# mkdir /tmp/aaa
# mount -t ntfs -o ro /dev/sda1 /tmp/aaa
# mount | grep /tmp/aaa
/dev/sda1 on /tmp/aaa type fuseblk (ro,...)


(補足)
・ext3 ファイルシステムの場合には、オプション指定ができる。
 (,ro を追加して確認)


2. 対処方法


現時点では不明である。

取り敢えずは、/etc/fstab に当該エントリを追加し、通常の mount で対応する。


3. 備考


autofs を Debian 7 のパッケージ(autofs 5.0.7-3) にバージョンダウンしても改善しない。
・autofs_5.0.7-3_i386.deb
・ntfs-3g_2012.1.15AR.5-2.1+deb7u2_i386.deb



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。