SSブログ

ntpdとchronydの違い [CentOS]

CentOS 7 の初期設定状態では、ntpd に替わり chronyd が使用される。
そこで、ntpd と chronyd について、違いを調べてみた。
なお、以下はドキュメント・ベースでの情報である(chronyd を使用していないため)。

# ソフトウェアのバージョン
・chrony-2.1.1-1.el7.centos.x86_64
・ntp-4.2.6p5-22.el7.centos.1.x86_64

1. chronyd にのみある機能


(1) ハードウェアクロックを同期することができる。

# ハードウェアクロック(RTC) を同期する(11 分毎に実施)。
rtcsync


(補足)
/etc/chrony.conf の初期値として設定されている。


(2) step/slew モードの切り替えを細かく指定できる。

(例)
# 時刻のズレが 10 秒よりも大きい場合、最初の 3 回は slew モードの代わりに
# step モードを使用する。
makestep 10 3


(補足)
/etc/chrony.conf の初期値として設定されている。


(3) slew モードでの同期速度の指定ができる。

maxslewrate <rate>


(補足)
・default: 83333.333 (msec/sec)
・ntpd の slew レートは 500 (msec/sec) 固定である。


(4) slew モードで同期できるズレの最大値を指定できる。

(例)
# 最初のクロック更新後に 時刻のズレのチェックを 2 回無視し、その後の
# チェックで 1000 秒よりもがズレが大きい場合に時刻同期を終了する。
maxchange 1000 1 2


(補足)
ntpd の場合には、下記の通りである。
・-x オプションの指定なしの場合: 128 (msec)
・-x オプションの指定ありの場合: 600 (sec)


(5) 使用するポートを指定できる。

port <port-number>


(補足)
・default: 123
・ntpd での使用ポートは 123 固定である。


2. 備考


(1) CentOS 7 での ntpd の使用


chronyd を停止することにより、ntpd が使用可能となる。

# systemctl stop chronyd
# systemctl disable chronyd
# systemctl start ntpd
# systemctl enable ntpd


(2) 参考情報


access.redhat.com/documentation/
chrony.tuxfamily.org/doc/



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0